Contact Us

Use the form on the right to contact us.

メールでお問い合わせの方は、右記フォームをご使用ください。

TeL

+81 (0) 3 3231 2886

Name *
Name


中央区, 東京都, 103-0023
日本

+81332312886

KAMIYA ART is a leading contemporary and modern art gallery, representing one of the most important Japanese post-war artist Yuichi Inoue (YU-ICHI) 井上有一, Morihiro Hosokawa (細川護熙) and Shiro Tsujimura (辻村史朗).

焼物

 

井 戸

高麗茶盤の最高峰とされる。
もとは、15~ 16世紀朝鮮王朝時代の日常雑器。 大きさにより大井戸、小井戸などと呼ばれ、 竹の節高台や高台まわりの「かいらぎ」など に特徴がある。

井戸茶盌

井戸茶盌

 

刷毛目

白泥を藁刷毛などで一気に塗って加飾した 後、施釉して焼成したもの。

 
刷毛目徳利

刷毛目徳利

 

粉引

李朝の陶磁の流れを汲む技法の一つ。素地 に白泥(白化粧ともいう)を全面に掛けた後、 施釉し焼成したもの。粉を吹いたように白く 見えることから名付けられた。


粉引茶盌

粉引茶盌

織 部

安土・桃山期から江戸初期にかけ、千利休の弟子の一人である古田織部プロデュースのもと生み出された。斬新かつ個性的な形状や文様をしたものが多い。絵模様のあるものを織部黒、沓形や口縁が反ったものを織部黒という。

織部黒茶盌

織部黒茶盌

 

志野

美濃地方で焼かれる、白い半透明の長石釉を厚く施した陶器。特徴は、白色の粗い素地に白い長石釉がたっぷりと掛かり、釉調がしっとりして、きわめて日本的なやきもの。焼成温度や雰囲気により黒色、赤色、鼠色、褐色などに発色する。

志野ぐい呑

志野ぐい呑

 

伊賀

室町時代の終わりから桃山時代には、「侘び茶」に使われる茶陶として高い評価を得ていた伊賀焼。器に「ヘラ目」をつけ、ゆがみを与えたり、「耳」を付けたりしたユニークな造形や青緑色の「ビードロ釉」など、豪快さや無骨さが魅力。

伊賀徳利

伊賀徳利