IKKO FUKUYAMA | 福山一光
JUL 7TH. TUE - JUL 25TH. SAT

Download Catalog 


福山一光    文: 森 芳功(美術評論家)

福山一光が水墨で描く森の風景は、ただごとではない雰囲気に充ちている。

たとえば、森のなかに隠された暗部である。木々の葉に覆われた表面からはうかがえないのだが、細い木の幹に支えられた密やかな空間が息づいている。
それは、人為にまみれていない自然の神々しさが宿る場所なのだろうか。
もちろん人によって解釈は異なるにしても、そこから滲み出る感覚に引力があるのは間違いない。

福山は、東京藝術大学の大学院を修了。曹洞宗永平寺で修業し、いまは東京の片隅にあるアパートで隠棲するようにして水墨画と向き合っている。


IKKO FUKUYAM  by Yoshinori Mori (Art critic)

Ikko Fukuyama's Indian ink paintings of forest scenery possess an extraordinary atmosphere. Let me take, for example, the dark areas hidden in the forest. While undetectable from the leaf-covered surface, a secret space supported by slender tree-trunks rests inside. Could it be a space inhabited by the divinity of nature untainted by artificiality? Of course, interpretations will vary among viewers, but it is nonetheless certain that this space evokes sensations of a captivating quality.

Fukuyama completed the graduate course at Tokyo University of the Arts. He trained at Eihei-ji temple of the Sōtō school of Zen Buddhism, and currently resides in an apartment in a corner of Tokyo, where he lives a somewhat secluded lifestyle working on Indian ink paintings.