IMG_0197.JPG

焼物 | Ceramics


DSC04690.JPG

井戸(高麗焼)| Ido Style

高麗茶碗の最高峰とされる。また、辻村茶碗の中でも最も代表的な茶碗の一つであり、辻村本人が焼き物を志すきっかけとなったのも、井戸茶碗との出会いがあったからこそ。もとは、15〜16世紀朝鮮王朝時代の日常雑器であった。大きさにより大井戸、小井戸などと呼ばれ、竹の節高台や高台周りの「かいらぎ」などに特徴がある。井戸の名の由来は諸説あるが、「井戸のように深い茶碗」「井戸で水を汲む為に使われていた器」からきているとする説がある。

DSC04669.JPG

楽焼 | Raku Style

楽焼は桃山時代(16世紀)千利休の侘茶に対する理念を受けて造られた茶碗で、京都の楽家 初代長次郎によって始められた。轆轤を用いず、一作一作彫塑的な作業によって作られたもので利休が好んだ。釉薬により、黒楽・赤楽・白楽などがある。

DSC04704.JPG

粉引 (高麗焼) | Kohiki Style

李朝の陶磁の流れを汲む技法のひとつ。黒い土の素地に白泥(白化粧ともいう)を全面にかけた後、透明釉薬をかけ焼成したもの。粉を吹いたように白く見えることから名付けられた。粉吹きとも呼ばれる。辻村の粉引に見られる、白いぽってりとした白泥の景色と、それを包み込む薄い釉薬のバランスは、辻村だからこその技術である。

 

唐津焼 | Karatsu Style

佐賀県唐津市周辺で焼かれる陶器。文禄・慶長の役の頃、大陸から技術が伝えられたのがきっかけとされる。非常に素朴で、それでいながら独特の渋みがあり、侘びの風情を感じさせる意匠は古くから茶器として好まれている。

17005_3.JPG

伊賀焼 | Iga Style

伊賀焼が生まれたのは奈良時代と言われる。伊賀焼にとって大きな分岐点となったのは、「侘び寂び」や茶道文化が栄えた桃山時代。千利休を始めとした多くの茶人に愛された。耐火度の高い土は、高温で焼かれ、ビードロ釉(ゆう)と呼ばれるガラス質と、赤く引き締まった、素朴で力強い肌合いが特徴。伊賀焼は信楽焼とよく似ているが、信楽焼に比べて硬くて重みがある。桃山時代には、耳付きの花入など個性的な作品が多数見られることでも知られています。

DSC04713.JPG

志野焼 | Shino Style

美濃(岐阜県)の付近一帯で焼かれた陶器。白土の粗い素地に、白い長石釉がたっぷりと掛かり、しっとりとした柔らかみがある。装飾法により絵志野、鼡志野、紅志野などがある。

 

信楽焼 | Shigaraki Style

天平14年(742年)聖武天皇が紫香楽宮を作るにあたって、河原を焼いたのが始まりといわれる。釉薬を掛けない焼締陶で、燃料の松の灰によって自然釉(ビードロ)やコゲ、火色などの変化が表れる。粗めのざっくりとした土肌は力強さと素朴な風合いが魅力。

備前焼 | Bizen Style

備前焼は、岡山県備前市伊部(いんべ)地区周辺を産地とする。釉薬を一切使用せず、1200〜1300度の高温で焼成する焼締め陶です。茶褐色の地肌が特徴で、備前焼に使われる使用されている土は、「干寄(ヒヨセ)」と呼ばれる、田畑から採掘される粘土で、その鉄分による。高温で約2週間焼き締めるため堅く、すり鉢や、大きなカメ、壷が多く作られてきた。

DSC04677.JPG

織部焼 | Oribe Style

桃山時代の慶長10年(1605年)頃、岐阜県土岐市付近で始まり元和年間(1615年-1624年)まで、主に美濃地方で生産された陶器。美濃焼の一種で、基本的に志野焼の後に造られた。千利休の弟子であった大名茶人、古田織部の指導で創始され、織部好みの奇抜で斬新な形や文様の茶器などを多く産した。

 
DSC04724.JPG

柿の蒂(高麗焼) | Kakino heta Style

鉄分の多い素地に淡い釉薬が施され、胴の部分が外に張り出しているのが特徴で、碗を伏せた形が「柿の蒂」に似ていることからそう呼ばれる。

引出黒 | Hikidashi Kuro

引き出し黒は茶碗の焼成方法の一つ。器物に鉄分の多い釉薬を掛け、窯に入れ、焼成中に鉄の鉤やはさみに引っかけて窯の外に引き出すところからこの名称が付けられた。茶碗は急速に冷やされ、黒色に発色します。

17214_1.JPG

刷毛目(高麗焼) | Hakeme

粉引同様の黒い素地に、白泥を藁刷毛などで一気に塗って加飾したのち、釉薬を施し焼成したもの。